2024-05

ブログ

石川県の施設園芸と野菜生産③ ー小松とまとについてー

石川県小松市には北陸有数のトマト産地があり、「小松とまと」と呼ばれるトマトが生産されています。本記事では小松とまとについて、その歴史や特徴、生産方法などをご紹介します。
ブログ

石川県の施設園芸と野菜生産② ー加賀太きゅうりー

加賀野菜の15品目には、施設栽培が行われている加賀太きゅうりがあります。金沢市は、金沢市農業センター調べによる「加賀野菜に関するデータ」を公表しています。そこには加賀太きゅうりについて、出荷量の増加がみられます。この加賀太きゅうりの栽培面積や出荷量は、石川県全体の施設きゅうりの栽培延面積と収穫量に対しても、一定の割合を占めていることが伺えます。
ブログ

石川県の施設園芸と野菜生産① ー施設園芸と野菜生産の概要、加賀野菜についてー

石川県は日本海に面し、三方を海に囲まれ南北に長い地形となっています。県内地域は4つに分けられ、それぞれ農業や食品産業等についての特徴があります。本記事では石川県の施設園芸の概要と野菜生産の特徴について記します。
ブログ

栃木県の施設園芸と野菜生産③ ートマト栽培の特徴ー

栃木県におけるトマト栽培の発展について、ハウス、栽培方法及び各種設備機器などの面からご紹介します。
ブログ

栃木県の施設園芸と野菜生産② ーイチゴ栽培の特徴ー

栃木県のイチゴ生産は、全国一の産出額を誇り、またおなじみのとちおとめを始め、スカイベリー、とちあいかなど新品種を次々に生み出し、市場に送り出しています。栃木県でのイチゴ生産の特徴を、環境面、施設面、生産コスト面、品種面、人材育成面などからご紹介します。
ブログ

栃木県の施設園芸と野菜生産① ー施設園芸の特徴と主要施設野菜ー

栃木県は関東平野の北端にあって首都圏近郊に位置し、恵まれた自然条件を生かした施設園芸と野菜生産が盛んに行われています。産業構造的には製造業が盛んであり、「県内総生産に占める第2次産業の構成比は47.1% で全国2位 (うち食料品製造業10.0%) 」文献1)となっています。また栃木県は産業政策として「フードバレーとちぎ」文献2)を掲げています。盛んな製造業と首都圏の食料供給基地としての役割を活かし、流通や小売、観光やサービス業なども含め、第1次産業から第3次産業にいたる食に関連する産業の振興が全県で進められています。そうした中で本記事では、栃木県の自然条件と施設園芸の特徴について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました