ゼロアグリ導入事例|きゅうり

ブログ

石川県の施設園芸と野菜生産② ー加賀太きゅうりー

加賀野菜の15品目には、施設栽培が行われている加賀太きゅうりがあります。金沢市は、金沢市農業センター調べによる「加賀野菜に関するデータ」を公表しています。そこには加賀太きゅうりについて、出荷量の増加がみられます。この加賀太きゅうりの栽培面積や出荷量は、石川県全体の施設きゅうりの栽培延面積と収穫量に対しても、一定の割合を占めていることが伺えます。
ブログ

山城様(沖縄県糸満市・キュウリ)|「台風の時にゼロアグリに助けられた」、96%の作業時間の低減と安定栽培を実現し更なる経営規模拡大へ

糸満市でキュウリを育てている山城といいます。糸満市はキュウリの産地で、県内でも生産量1位を誇ります。僕自身も、圃場を5ヶ所持っており、特定技能外国人の方にも働いてもらいながら栽培をやっています。
ブログ

楠原様(宮崎県田野町・キュウリ)|「父に負けない管理を」AIで収量11%増、就農5年目の新たな挑戦と野望

25歳のときに就農して5年になります。田野は大根が有名で、うちも元々大根と煙草をやっていたんですけど、父の代からハウスを立てて、10年前からキュウリ栽培を始めました。
ブログ

キュウリ栽培での悩み 仕立て方をどうするか?「更新つるおろし栽培」について

キュウリの栽培法や仕立て方には様々な種類があり、また品種の多様化もあり、これらをどのように選択し組み立てるかは生産者の腕の見せ所でもあり、悩みでもあると思います。本記事では、近年広がりつつある更新つるおろし栽培について、他の仕立て方とも比較にも触れながらご紹介します。
ブログ

キュウリ栽培での悩み  「キュウリ黄化えそ病」対策について①

キュウリ黄化えそ病は近年のキュウリ栽培で多くの被害を発生させている病害で、キュウリ生産者が悩む病害のトップグループに入ります。栽培初期に感染したキュウリでは収量の低下が大きく、また罹病した株を除去する必要があるため、感染が広まると大きな収量低下につながります。トマト栽培でのトマト黄化葉巻病と同様、キュウリ黄化えそ病には直接的な防除効果を持つ農薬はなく、ウィルスを媒介する昆虫の防除が必要な病害で、入念な対策が求められます。
ブログ

キュウリ栽培での悩み  「キュウリ黄化えそ病」対策について②

キュウリ黄化えそ病は近年のキュウリ栽培で多くの被害を発生させている病害で、キュウリ生産者が悩む病害のトップグループに入ります。栽培初期に感染したキュウリでは収量の低下が大きく、また罹病した株を除去する必要があるため、感染が広まると大きな収量低下につながります。トマト栽培でのトマト黄化葉巻病と同様、キュウリ黄化えそ病には直接的な防除効果を持つ農薬はなく、ウィルスを媒介する昆虫の防除が必要な病害で、入念な対策が求められます。
ブログ

自動収穫ロボットの開発について

野菜栽培の作業の中で収穫は多くの割合を占め、生産コストにおける比率も高いものがあります。また収穫は適期が限られていることが多く、集中的な作業が求められることもあり、遅延した場合には収穫ロスの他、他の作業への影響も考えられます。自動収穫ロボットは、人手不足の中での収穫作業の機械化・省力化や、生産コストの低減などを目的に開発されています。本記事では特に機械化や自動化が遅れている施設野菜栽培の分野において、様々な品目向けに開発されている自動収穫ロボットについてご紹介します。
ブログ

生育予測・収量予測について 
ー作物別の収量予測と様々な予測技術ー

農業生産は日射量や温度などの気象要因に大きく左右され、計画的な生産を行うにはそうした外的要因を考慮する必要があります。一方で内的要因である栽培技術や作物の管理方法などにより、生育や収量への影響も大きく現れます。こうした様々な要因を踏まえ、近年様々な研究や実装が進む生育予測・収量予測について作物別にご紹介します。また、研究開発中のものも含め、様々な予測技術についてご紹介いたします。
ブログ

キュウリの養液栽培について②

本記事では、「キュウリの養液栽培について①」に続き、さまざまな養液栽培の方式や特徴についてご紹介いたします。
ブログ

キュウリの養液栽培について①

キュウリの養液栽培の事例はトマトやイチゴなどに比べると少なくはありますが、様々なバリエーションがあります。本記事では主要な方式や事例について紹介いたします。
ブログ

萩原農場様(北海道江別市・キュウリ)|母が遺してくれたキュウリ栽培、精緻な自動潅水と規模拡大により反あたり売上500万円超えで未来の収益の軸へ

北海道江別市で80年営農をしています。僕の代で3代目となります。レタスや白菜などの露地栽培や水稲をやりつつ、ハウスではキュウリ栽培をやっています。
ブログ

佐藤潤哉様(伊達市・キュウリ)|ゼロアグリを初号機から使うゼロアグリマスター、導入後はA品率75%超、6月は10日間で500箱出荷!

福島県伊達市でキュウリを育てる佐藤潤哉様。ゼロアグリの発売が間もない2015年からゼロアグリを使っていただいているゼロアグリマスターです。ゼロアグリの活用により、省力化はもちろん、収量の向上、A品率の向上、農薬や肥料の削減を効果として感じており、高いレベルでゼロアグリを使いこなしています。そんな潤哉さんに、具体的な活用ポイントについてインタビューしました。
ブログ

末永孝様(伊達市・キュウリ)|年4回定植のキュウリ栽培の作業時間を4割削減、猛暑の中でも品質の良いキュウリを作る秘訣とは?!

福島県伊達市でキュウリを育てている末永さん。お父様お母様も含めた3名で、28aの面積を栽培管理をされています。4月〜12月頭の栽培期間で、4回に分けて定植が行われ、多忙なスケジュールの中、ゼロアグリをいれて労力削減および品質向上、収量向上の効果を実感されています。そんな末永さんに導入したきっかけから、実際の効果まで詳しくお聞きしました。
ブログ

村上洋一様(郡山市・キュウリ/トマト)|小売で販売する作物が美味しいと好評、潅水の省力化も実現したゼロアグリの効果

福島県郡山市で、キュウリやトマト、ナスを育てている村上様。出荷はスーパーへの直卸、または小売で直販をされています。ゼロアグリは、ハウスのキュウリおよびトマト栽培でお使いいただいており、今年は導入3作目となります。導入したきっかけから、実際の効果まで詳しくお聞きしました。
ブログ

キュウリの収量向上のポイント~作物特性の理解と環境制御の活用~

キュウリは、生長が早く、トマトなどと異なり未成熟果を収穫し果実肥大も早いため、管理や収穫の作業が忙しい作物として知られています。そうした生長の早さを活かし、樹勢を適切に管理することで、収量を増やすことが可能な作物と言えます。一方でCO2施用などの環境制御技術や、日射比例制御やゼロアグリのAI潅水制御などの潅水技術の利用もキュウリ栽培では進んでおり、収量の向上に寄与しています。従来は20t/10a台程度であったキュウリの単収は近年では30t/10a台、さらには40t/10a台も達成されつつあります。そうした高収量を実現するためのポイントについてご紹介いたします。
ブログ

キュウリの摘心栽培とつるおろし栽培|特徴とメリット・デメリットを解説

キュウリの栽培では、整枝の方法として、摘心栽培とつるおろし栽培に大きく分けることができます。おのおのの特徴やメリット、デメリット、地域性などについてご説明をします。
ブログ

キュウリの養液土耕栽培、潅水と施肥のポイントをご紹介

キュウリは葉面積が他の施設野菜に比べて大きいため、蒸散量も多く、それに応じた潅水量が必要とされます。また茎の伸長速度も早く、成熟果を収穫するトマト等と異なり、キュウリは未成熟果を収穫するため、生育のサイクルが早い作物です。そのため必要とする潅水量にも生育に応じた変化がみられます。本稿ではキュウリ栽培での潅水方法について、養液土耕栽培を中心に考えてまいります。
導入事例

鵜池幸治様(佐賀県・きゅうり)|省力化と少量多潅水を両立し、収量は2割向上

省力化と少量多潅水を両立し、収量は2割向上!初期費用の回収は約2.5年を見込む
導入事例

JA全農ぐんま様(群馬県・キュウリ)|養液土耕で収量40tを目指す、群馬県のキュウリのモデル圃場へ

JA全農ぐんまの園芸作物生産実証圃場(キュウリハウス)では、複合環境制御装置等を活用し、群馬県内のキュウリの生産振興や担い手の育成に取り組まれています。なんと視察に来られる人数は年間で1000人以上とか。そんな中で、実証圃場が稼働してから3年目にあたる2019年より、ゼロアグリも導入し活用いただいております。
導入事例

Farm Takeuchi 武内様・箱崎様(広島県・トマト/きゅうり)|養液土耕×AIによる自動化で見えてくる多くのメリットとは?

「こういったシステムが他にはなかった」養液(点滴)土耕×AIによる自動化で見えてくる多くのメリットとは?
タイトルとURLをコピーしました