ゼロアグリ
ゼロアグリとは

次世代養液土耕システム ゼロアグリ

ゼロアグリは、これまで見えなかった地下部の状態が、作物にとって重要な影響を与えることに着目。地下部の環境を制御し、作物の生長状態に合わせ、培養液を自動で供給します。

多くのハウスは、これまで地上部の把握で終わり、ハウス内のどの場所も一律に管理がされてきました。ゼロアグリでは、ハウス内に置かれた土壌センサーで、地温、土壌水分量、土壌EC値を測定し、土壌の状態を把握します。

また、ハウスの外に設置された日射センサーと、ハウス内の土壌センサーからの情報を合わせることで、現在の作物状況にあった最適な培養液量をゼロアグリが判断し、自動で供給します。根が最も効率よく培養液を吸収する時間に、最適な培養液量を供給することで、収量の向上へと導きます。

収量増加と減肥、新規就農者の 参入をも容易に実現

慣行農法できゅうりの栽培をしていた陸前高田市の農家では、ゼロアグリ導入後、収量が導入前と比べて飛躍的に増加しました。これまで農家の方々が培ってきた「経験と勘」と、ゼロアグリのもつ「裏付けされた数値」を合わせることで、収量の増加と、減肥が見込めます。
また、水分量と施肥量を自動計算し供給しますので、新規就農者にも使用しやすく、収穫量も熟練した養液土耕での栽培者と同等、またはそれ以上を見込むことが可能となります。

地下部の状態を見える化

ハウス内の各種測定データ(土壌水分量、土壌EC値、地温、日射量、温度、湿度)ならびに、目標土壌水分量データと、それに対し行った培養液供給量データは、クラウドに集約されます。
またこれらは、タブレット端末のゼロアグリ画面から確認することができ、グラフから一目で状況を把握することができます。

培養液供給量の変更指示を容易に

ゼロアグリが土壌センサー、日射センサー、温湿度センサー(オプション)からの情報から判断し、自動で培養液の供給を行います。また、培養液量を変更する場合は、タブレット端末のゼロアグリ画面から、タブレット画面をなぞるだけで、容易に変更できます。これにより、現場でのタイマー設定といった手間や煩雑さを避けることができます。
培養液供給量の変更データは、クラウドに蓄積されるため、翌年に参照し利用することも可能です。

写真とコメント機能を搭載

タブレット端末で撮影した写真データを、コメントとともに、ゼロアグリ画面内で表示することができます。営農日誌を簡単に残すことができ、また、農業普及員やJA指導員に相談する際に、利用することができます。

明治大学黒川農場にて実証済み

培養液供給量を決める最適化の数値は、明治大学の小沢特任教授監修のもとに作られた計算式によるものです。ゼロアグリは、各センサーからの値、現在の作物状況を総合的に判断し、培養液の供給量を決めています。また実際に、明治大学黒川農場において、各種作物を栽培し検証を行っています。

作業時間の大幅な軽減

ゼロアグリの使用により、作業時間を大幅に軽減できるため、さらなる品質向上に向けた作業を行うことができます。遊休ハウスでの新たな栽培といったこともできるようになります。

1台で最大6区画の異なる作物、品種、定植時期に対応

ゼロアグリ1台で、最大6区画に対してそれぞれを管理し、培養液を供給することができます。最大6つの土壌センサーと電磁弁を管理できるため、1つのハウス内で6区画、または6ハウスといったさまざまな使用方法が可能です。したがって、定植時期の違う作物や、異なる品種などにも対応できます。

ゼロアグリ仕様

システム構成
品名
フィルター 2
流量計 1
液肥混合器 2
電磁弁 2
コントローラー 1
日射センサー 1
土壌センサー 1
3G WiFiルーター 1
温湿度センサー(オプション) -
有線LAN(オプション) -
稼働環境
動作環境 温度:0℃〜50℃
湿度0〜80%(ただし結露しないこと)
寸法 横900mm x 奥行370mm x 高さ1800mm以内 ※1
電源 AC100V 最大20W
混合液肥 2種
必要水圧 全揚程24m以上 ※2
最大流量 41.6リットル / 分

※1 他に液肥タンクの設置場所が必要になります。
※2 必要水圧は施設面積等の諸条件で異なります。