養液土耕栽培とは

養液土耕栽培とは

養液土耕とは、1930年代初期イスラエルで発祥した、「少量の水で、いかに効率よく生育を促すか」という考えを元にした栽培方法です。 チューブの穴から少量ずつポタポタと、土に浸透するスピードで水を垂らす(点滴潅水)ことで、節水はもちろん、作物の生育をも改善することが明らかになりました。 現在では、養液土耕栽培による水と肥料とを合わせた培養液(液肥など)を供給することで、従来の慣行栽培と比べ、「水・肥料の軽減」のみならず、「収量・品質ともに向上」するようになりました。

様々な作物に対応し、収量増や品質向上に貢献
培地に土を使用し、土本来が持つ良さを活かしながら、養液栽培の手法を取り入れます。トマト、キュウリ、イチゴ、ナス、ピーマン、花卉、アスパラガスなど各種作物で成果の出ている栽培方法です。

苗にストレスを与えず、最適量の水と肥料を供給
ゼロアグリは作物の生育段階に応じた必要な水と肥料を点滴チューブを通して供給します。肥料は、ゼロアグリ本体に付属されている液肥混入器を使って吸い上げます。
土に浸透する緩やかな速度の潅水施肥を行うことで、定植直後の苗にストレスをかけずに、水・酸素・肥料をバランスよく与えることができます。これにより、「活性の高い根が多く発生」します。

養液土耕の利点

1. 定植時期を問わず、収量増加、品質の安定化!
液肥混入器とつながった点滴チューブは、圃場内全エリアに張り巡らされているため、水分と養分を均一に供給することができます。これにより「生育が揃い、収量も増加」します。
さらにゼロアグリ1台で最大6区画を管理し、培養液(液肥)を供給できます。 通常、圃場内は場所によって土壌水分量が異なるため、各区画の配置センサーで情報収集・AI分析することで、ゼロアグリが自動で各区画に適した量の培養液を供給します。これにより、「定植時期の異なる作物への対応も可能」です。
2. AIが最適判断&自動供給!作業時間を大幅軽減
従来の養液土耕栽培システムはタイマー式のために、潅水量・施肥量・タイミングは生産者自身がその都度判断してタイマー設定を行わなくてはならず、うまく栽培するにはノウハウが必要でした。
ゼロアグリでは、作物の成長に合わせた必要な量の培養液を、センサー情報でAIが自動判断し、適切な時間に点滴チューブより自動供給します。
これらにより、潅水と施肥の作業時間は大幅に軽減され、規模拡大が可能となりました。
3. 土壌水分ストレスを起こさない
従来、農作業は時期・天候・湿度等に十分に気を付けながら生産者自身が潅水の有無を判断しています。しかし、判断次第では水分過剰/不足や、土壌の酸欠状態を招くこともあり、水と肥料の溶脱などの問題が発生することもあります。 当然、作物へのストレスとなり、品質や収量に悪影響を及ぼします。
これらを解決したのがゼロアグリの点滴潅水です。日射センサと土壌センサの情報を元に、常に最適な土壌水分状態に近づけることにより、土を固めず、酸素を逃しません。これは、作物にとってストレスの少ない状態です。
土壌の最適な水分値を保てるから、水分ストレスを与えず、培養液が根から無駄なく吸収されます。

4. 除草作業、防除作業の軽減

ゼロアグリは根域以外には潅水しないため、雑草発生を抑えて除草作業が軽減されます。
ハウス内湿度も低く抑えられるので、病気の発生が減少し、防除作業の軽減へともつながります。

 
慣行栽培
潅水量 ・週に何度か大量に潅水
・量は、経験と勘による根への水分ストレスが高い
潅水作業 ・手作業
基肥 圃場全体に必要
施肥作業 ・手作業
・経験と勘による量決め
・過剰な施肥となることが多く、肥料代もかかり環境汚染へとつながる
施肥効率 低い
塩類集積 あり
生育状態 生育のばらつきが生じやすいため、選別作業も多く、収量減と品質低下をまねきやすい
収量 その時々によりばらつきが生じる
その他 天気や、経験と勘に左右されやすい。
養液土耕栽培
手動(タイマー式)
潅水量 ・毎日、少量
・毎日の天気への対応、成長段階によって量を決める。
・煩雑かつ多めの潅水となりやすい
潅水作業 タイマー設定で、自動的に潅水
基肥 なし
施肥作業 ・タイマー設定
施肥効率 やや高い
塩類集積 起こしにくい
生育状態 ・生育がある程度揃う
・収穫作業を軽減でき、収量増加と品質向上が見込まれる
収量 養液土耕の経験が浅いと、タイマー制御がうまくできず、慣行栽培より収量がおちるリスクあり。
その他 定期的に栄養診断を行う必要がある。これにより施肥量を定める。
養液土耕栽培
ゼロアグリ(全自動化)
潅水量 ・日射センサーと土壌センサーからの情報をもとに、最適な潅水施肥を実行。
・節水栽培
潅水作業 ・全自動
・量の設定変更を行う場合は、タブレット端末より操作可能
基肥 なし
施肥作業 ・全自動
・減肥が可能で、作物へのストレスが最小
・量の設定変更を行う場合は、タブレット端末より操作可能
施肥効率 高い
塩類集積 起こしにくい
生育状態 生育が揃う。
収穫作業は軽減でき、収量増加と品質向上へとつながる
収量 ・養液土耕経験の有無にかかわらず、収量増加が見込まれる。
・新規農業参入者でも、収量を得ることができる。
その他 常にゼロアグリが作物の成長に最適な培養液濃度を計算し潅水施肥を実行。
ただし、スマホ、PCやタブレット端末より量を変更することができるため、
経験と勘を反映することも可能。
慣行栽培 養液土耕栽培
手動(タイマー式)
潅水量 ・週に何度か大量に潅水
・量は、経験と勘による根への水分ストレスが高い
・毎日、少量
・毎日の天気への対応、成長段階によって量を決める。
・煩雑かつ多めの潅水となりやすい
潅水作業 ・手作業 タイマー設定で、自動的に潅水
基肥 圃場全体に必要 なし
施肥作業 ・手作業
・経験と勘による量決め
・過剰な施肥となることが多く、肥料代もかかり環境汚染へとつながる
・タイマー設定
施肥効率 低い やや高い
塩類集積 あり 起こしにくい
生育状態 生育のばらつきが生じやすいため、選別作業も多く、収量減と品質低下をまねきやすい ・生育がある程度揃う
・収穫作業を軽減でき、収量増加と品質向上が見込まれる
収量 その時々によりばらつきが生じる 養液土耕の経験が浅いと、タイマー制御がうまくできず、慣行栽培より収量がおちるリスクあり。
その他 天気や、経験と勘に左右されやすい。 定期的に栄養診断を行う必要がある。これにより施肥量を定める。
養液土耕栽培
ゼロアグリ(全自動化)
潅水量 ・日射センサーと土壌センサーからの情報をもとに、最適な潅水施肥を実行。
・節水栽培
潅水作業 ・全自動
・量の設定変更を行う場合は、タブレット端末より操作可能
基肥 なし
施肥作業 ・全自動
・減肥が可能で、作物へのストレスが最小
・量の設定変更を行う場合は、タブレット端末より操作可能
施肥効率 高い
塩類集積 起こしにくい
生育状態 生育が揃う。
収穫作業は軽減でき、収量増加と品質向上へとつながる
収量 ・養液土耕経験の有無にかかわらず、収量増加が見込まれる。
・新規農業参入者でも、収量を得ることができる。
その他 常にゼロアグリが作物の成長に最適な培養液濃度を計算し潅水施肥を実行。ただし、スマホやPC、タブレット端末より量を変更することができるため、経験と勘を反映することも可能。
タイトルとURLをコピーしました