ブログ

【ハウス栽培】潅水システムの種類と選び方。散水潅水、噴霧潅水、点滴潅水と必要器材をご紹介

農作物を育てるにあたって、潅水は欠かせません。特にハウス栽培では、露地栽培と違って雨が直接土壌に降り注ぐこともありません。その分、作物に合わせて、水の量や給水のタイミングなど管理しやすいとも言えますが、同時に立地や作物に合わせて適切な潅水方法を選ぶ必要があります。


今回はハウス栽培での潅水の中でも、散水潅水、噴霧潅水についてご説明します。

ハウス栽培の潅水の種類

ハウス栽培での潅水にはさまざまな種類があります。使用する器材や潅水設備を設置する場所など、分類の仕方もいろいろですが、給水の形態によって分けてみると、散水潅水、噴霧潅水、点滴潅水などに分類できます。
このほか地中に埋めた設備から土壌に水を与える地中潅水や、鉢植えの作物や苗の育成などの際に鉢の底から水をやる底面潅水もあります。

広範囲に給水できる「散水潅水」

散水とは水を撒くことです(「撒水」と書いて「さっすい」ということもありますが、ここでは散水と書きます)。
雨粒ほどの大きさの水を施設内に全域に撒きます。施設の上部や天井に設置した配管に直接ノズルなどを取り付けるケースや、頭上の配管からさらに支管を吊り下げてその先にノズルを付ける地上潅水。さらに地表に設置した潅水器具から散水する地表潅水などの方法があります。
ほかの潅水方法と比較して一定時間内の潅水量は多く、広い範囲に水を撒くことができるといったメリットがあります。
反面、加湿になりやすく、病気の発生につながる恐れがあります。また、葉が濡れてしまうことで品質が低下する作物には適していません。
 
(イメージ)

極小の水を噴射する「噴霧潅水」

噴霧潅水というのは、散水の中でも霧状のごく小さい水を与える潅水を指します。散水が主に作物への潅水のために行われるのに対し、噴霧は潅水だけでなく、
・夏季の冷房
・年間を通じての湿度調整
・薬剤の散布
などにも利用されます。
器材の仕組みは散水潅水とほぼ同じですが、ノズルにミストノズルなど特殊なものを使用します。水の粒子が細かいため、利用する際には施設の窓を閉めるなど風の影響を受けないよう注意が必要です。
(イメージ)

水をむだにしない、「点滴潅水」

点滴潅水は、水を少しずつ時間をかけてゆっくり潅水する方法です。
水の少ないイスラエルで生まれた技術で、ドリップ潅水などと呼ばれることもあります。
農作物の株元に水を与えるため、
・水の利用効率が高い
・土面での蒸発が少なくハウス内が多湿になりにくい
・葉や枝を濡らさず土の跳ね返りもないため病害虫の発生を抑えられる
・生育にムラが少ない
といったメリットがあります。
潅水と同時に作物の成長に必要な養分を与える養液土耕と共に広がって、ハウス栽培では最も多い潅水方法のひとつです。

この養液土耕栽培をAI制御により自動化したのが「ゼロアグリ」です。
ゼロアグリは、土に浸透する緩やかな速度の潅水施肥を行います。

定植直後の苗にストレスをかけずに、水・酸素・肥料をバランスよく与えることができ、作物は「活性の高い根が多く発生」します。

(イメージ)

散水潅水・噴霧潅水・点滴潅水に必要な器材

散水潅水、噴霧潅水に使用される器材はスプリンクラーや水平方向に水を出すノズル、霧状に水を噴出するミストノズル、パイプやチューブに開けた孔から散水する多孔パイプ、多孔チューブなどです。

スプリンクラーは、管理にかかる労力は比較的少ないといわれていますが、一方で設置や運転に費用がかかるといった点があります。ノ

ズルも頭上用、地表用とさまざまな種類があります。ノズルは取り換えができるので、破損や目詰まりした場合は、交換も可能です。
多孔パイプや多孔チューブは比較的安価な反面、場所によって水圧が異なるため、散水範囲にムラがある、耐用年数が短いといった面もあるというように、それぞれ一長一短あります。

一方、点滴潅水で使用される点滴潅水チューブは、内側がジグザグの迷路のような構造になっています。水がこの流路を通ることで圧力が下がり、フィルターを通して少量の水を安定して供給するという仕組みです。また、傾斜地など農地に高低差があったり、潅水する距離が長い場合などでも均一な潅水をするために、圧力を補正する機能の付いたチューブもあります。

ゼロアグリの点滴潅水も点滴チューブを使用します。

点滴チューブはお客様自身でご準備いただきますが、どの点滴チューブを使えば良いか等の

ご相談も可能です。

まとめ

ハウス栽培は当初、施設の中の温度を上げて、作物の出荷時期を早めるといったことが大きな目的でした。しかし、今では気温だけでなく、地面の温度や光量、水量などをきめ細やかにコントロールすることで、より質の高い農作物を安定的に育成することが、ハウス栽培の大きな役割と言えます。

同時に、給水もただ農作物に水を与えるだけでなく、土壌と施設内の水分を最適な状態にコントロールし、作物が育ちやすい環境を整えるという意味があります。
潅水に必要な器材は種類も多く、さまざまな商品が販売されているので、導入の際には施設の立地や作物の種類などに応じて検討しましょう。

おすすめ

・ゼロアグリについてはこちら
・養液土耕の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました