新トップページ

潅水資材をスマート化
AI潅水施肥ロボット

潅水資材をスマート化

AI潅水施肥ロボット ゼロアグリ

潅水施肥のこんな悩みに

収量・品質の安定化

毎年変わる気候条件。 条件が変われば栽培管理も変わる。 潅水施肥をはじめとした栽培管理にはこれまで以上に気を遣う必要がある。

時間の確保

潅水施肥は品質・収量の決め手になるため他の人には任せたくても任せられない。 樹の管理や収穫、販路拡大に時間を使えればいいのに。

経験と勘の見える化

経験と勘を習得するのに苦労した。 これから規模拡大、技術伝承をしていくうえでは、数値管理をするなど、経験と勘の可視化が必要だ。

ゼロアグリとは

潅水と施肥を、IoTとAI技術で自動化し「高収量・高品質・省力化」に貢献する自動潅水装置です。

日射と土壌水分量から蒸散量を推定し、植物が必要としている量だけ潅水する少量多潅水を実現します。

一般的な土耕ハウスに導入し、潅水施肥をスマート化することができます。

トマト・きゅうり・イチゴ・ナス・ピーマン・花・果樹…全国の各種作物で合計250台以上導入!

熊本県トマト農家(西川様)

「潅水施肥の自動化で、
樹の手入れと収穫にかける時間を確保」

3年前にゼロアグリを利用開始され、次で導入3作目になる熊本県玉名市の西川様にインタビューしました。複数あるハウスの潅水管理の省力化のためゼロアグリを導入され・・・

大阪府水ナス農家(三浦農園様)
「祖父から叩き込まれた細かい水やりをICTを駆使して実現」
三浦農園は、大阪府南部の関西国際空港にほど近い泉佐野市で江戸時代から100年以上、代々農業をされています。天王寺蕪(かぶら)、金時人参(きんときにんじん)など大阪独自の品目である『なにわの伝統野菜』をはじめ・・・

ゼロアグリの特徴

日射比例×土壌水分のW制御
だから精密

日射と土壌水分量から作物の蒸散量を推定し、必要な時に必要な量だけ潅水する少量多潅水を実現。篤農家こだわりの潅水施肥をデータ化し、再現性の高い形で自動化することができます。液肥濃度も自動で調整します。

スマホやPCから遠隔操作

スマホ、PC、タブレットから各種データを確認。もちろん、潅水量や液肥濃度も遠隔で自由に操作できます。潅水施肥にかかる時間を限りなく削減することで樹の管理や販路拡大などに時間を創り出せます

土壌環境の見える化を実現 ノウハウのデータ化も

土壌水分量、EC値、地温を10分に1回計測・記録。土壌環境のモニタリングができます。もちろん潅水量や施肥量も株ごとに見ることができ、栽培の振り返りやノウハウの継承に役立ちます。

継続的なアップデート クラウドなので機能はどんどん進化

LINE連携、急速潅水、高温対策モードなど便利な機能が続々追加。クラウドなので追加費用なしで新しい機能が使えます。蒸散量を推定するアルゴリズムも日々研究開発。アップデートを続けています。

既存設備の活用や増設にも対応可能 高い柔軟性と拡張性

せっかく導入した設備は長く使いたいもの。対応可能パーツの拡張性も日々進化していますので既存の電磁弁、液肥混入機、配管資材を出来るだけ活かした形で導入することが可能です。

監視システム×サポート担当 による充実サポート

24時間365日インターネットを通じて栽培情報を監視しています。管理画面からの通知やLINEアラートにより、もしもの時も早急に察知。使い方は専任のサポート担当にいつでも相談できます。

養液土耕とは

養液土耕とは「少量の水で、いかに効率よく生育を促すか」という考えを元に、チューブの穴から少量ずつポタポタと、土に浸透するスピードで水を垂らす(点滴潅水)ことで、節水はもちろん、作物の生育も改善します。

慣行栽培と比べ、「潅水・施肥量と作業量の削減」と「収量・品質の向上」を実現します。

  • 土壌・水質の汚染の低減
  • 苗にストレスを与えず、最適量の水と肥料を供給
  • 定植時期を問わず、収量増加・品質の安定化
  • 土壌水分ストレスを起こさない
  • 除草作業、防除作業の低減
タイトルとURLをコピーしました