養液土耕

ブログ

【農業用ハウス】ビニルハウス・栽培施設の仕様策定のポイント~③実践編「環境制御や潅水装置など付帯設備」~

ハウスや、それに付随する環境制御や潅水装置などの施設を新規導入する際には...
ブログ

【農業用ハウス】ビニルハウス・栽培施設の仕様策定のポイント~②実践編「ハウス」~

ハウスや、それに付随する環境制御や潅水装置などの施設を新規導入する際には、仕様について多くの...
ブログ

【農業用ハウス】ビニルハウス・栽培施設の仕様策定のポイント~①基本&準備編~

ハウスや、それに付随する環境制御や潅水装置などの施設を新規導入する際には、仕様について多くのことを決める必要があります。補助事業を使用することも多く大きな投資となるハウスの新設。企画や設計を誤ると完成後に軌道修正することは難しくなります。今回は、失敗を極力抑え費用対効果も得られるよう、新規導入の際のポイントを3記事に分けて整理しました。まずは①基本編として、まず基本となる考え方と手順をお示します。
ニュース

ゼロアグリを活用して福岡特産イチゴ「あまおう」を栽培~福岡市「アグリテック」実証実験の成果発表動画が公開されました~

ゼロアグリは2019年10月、「福岡市実証実験フルサポート事業」のアグリテック部門に採択され、福岡市のイチゴ生産者の若手部会である 「SDC(ストロベリーディスカッションクラブ)」にゼロアグリを提供、栽培の省力化やデータ蓄積の試みを進めてきました。この度、今年7月に開催された成果報告会での、ゼロアグリの発表動画が公開されましたのでお知らせします。
ブログ

自動潅水で経営規模や所得をどこまで増やせるか?
【熊本県八代市での研究結果~ゼロアグリvs手潅水~】

熊本県八代市でのトマト施設経営について、標準的な作業体系と労働時間の分析を行いました。その結果、8月下旬の定植期での潅水作業が、経営規模拡大の際の制約となることがわかりました。
ニュース

【実証実験中】ゼロアグリがイチゴ高設栽培(養液栽培)の潅水施肥管理に対応!潅水量・排液量の低減を実現

イチゴ栽培でのゼロアグリユーザーが増えています。イチゴの高設栽培ではヤシガラなどの有機質培地を用い、排液率(培養液供給量に対する排液量の割合)も多い場合には50%程度と高めになるケースがみられます。ゼロアグリでは、従来の土壌水分センサーを用いる潅水制御方法に加え、排液量を計測し排液率をコントロールする方法を新たに実装いたしました。この方法により排液量が少なく環境負荷の低い養液管理を実現されました。
ブログ

養液土耕の潅水装置の構成と液肥混入機

養液土耕栽培で必要な潅水システムの構成と、中核になる液肥混入器の種類や機能について概要をご説明します。導入の条件に応じた機器の構成を考えることで、初期コストを抑え費用対効果を高めることにつながります。
ブログ

養液土耕栽培システムの潅水設計。点滴チューブやポンプ、タンクの選び方

養液土耕栽培で潅水システムを新たに設計する際の手順とポイントをご紹介します。無駄のない機器構成にすることで、必要十分な機能や性能を発揮しコストパフォーマンスを高めることができます。
ブログ

養液栽培(水耕栽培を含む)、養液土耕栽培、ゼロアグリ。それぞ れの特徴を比較

栽培方法の分類に養液栽培、養液土耕栽培といった区分があります。ゼロアグリは大枠では養液土耕栽培のひとつに分類されますが、またゼロアグリには養液栽培と養液土耕栽培の良い点を兼ね備えた特徴もあります。
ブログ

作物のストレスを低減!点滴チューブによる潅水のメリットについて

ハウスなど施設内で作物を栽培する際には、潅水チューブを使って潅水するのが一般的です。中でも点滴潅水は無駄なく、ムラなく潅水できるということもあって、省力化と収量アップに期待が寄せられます。そんな点滴潅水の魅力についてご紹介します。
ブログ

野菜のハウス栽培における「潅水(水やり)」の重要性

野菜の健全な生育には、植物の地上部、地下部と取り巻くさまざまな環境要因が、植物にとって好適な状態であることが必要です。それらは、光や気温、湿度、二酸化炭素濃度などさまざまな要因がありますが、今回はその中でも「水」について取り上げてみたいと思います。
ブログ

サブスク(月額)の特徴とおすすめ生産者

サブスク(月額)の特徴とおすすめ生産者
ブログ

ハウス栽培における自動潅水装置(自動潅水システム)の種類と選び方

作物の成長にあたって重要な潅水ですが、収穫時期などの忙しいタイミングでは、ついついおざなりになってしまうことも多いかと思います。もしくは、収量や品質の確保のために、かなり時間と労力をかけている方のお話もよく聞きます。 そんなときに活用できる、自動潅水装置。一言に自動潅水装置といっても、安価なものから高精度なものまで、様々なタイプがあります。自分の栽培手法や経営方針に合わせ、適切な装置を選びたいですね。今回は、そんな自動潅水装置についてまとめました。
ブログ

【スマート農業×補助金】ゼロアグリで活用できる補助金について

ゼロアグリのような生産効率化を支援するITシステムの導入にあたって、活用できる補助金はないのかよくご質問をいただきます。今回はそんな補助金について、情報をまとめてみました
ブログ

養液土耕栽培に必要な液肥混入器・点滴チューブの選び方

多くの野菜・花卉農家などで導入・実用化されている点滴土耕栽培に必要なツールのなかから、液肥混入器・点滴チューブの選び方をご紹介します。
ブログ

【ハウス栽培】潅水システムの種類。散水潅水、噴霧潅水、点滴潅水と必要器材について

農作物を育てるにあたって、潅水は欠かせません。特にハウス栽培では、露地栽培と違って雨が直接土壌に降り注ぐこともありません。その分、作物に合わせて、水の量や給水のタイミングなど管理しやすいとも言えますが、同時に立地や作物に合わせて適切な潅水方法を選ぶ必要があります。 今回はハウス栽培での潅水の中でも、散水潅水、噴霧潅水についてご説明します。
ブログ

ハウス栽培における省力化・自動化ツールまとめ

高齢化、人手不足が深刻になってきている農業において、効率的に栽培をしていくためには、ITツールや自動化装置の活用が必須になってきています。比較的野菜の単価が高く収益化しやすいハウス栽培において、活用できる省力化ツールについてまとめました。
ブログ

ハウス栽培の自動化/効率化の大きな助けに。養液土耕栽培システムのメリットと注意点

多くの野菜・花卉農家などで導入・実用化されている養液土耕栽培。土の良さを活用しながら養液栽培の施肥の考え方を取り入れた栽培様式で、効率的に増収や品質向上が期 待できるのが魅力です。今回は養液土耕栽培のメリット・注意点をご紹介します。
ブログ

どう選ぶ?妥協できないビニルハウス(農業用ハウス)の種類と選び方

ビニールハウスとは、金属や合成樹脂製の骨組みを透明なフィルムなどで覆った簡易的な温室です。 野菜や花の促成栽培、野菜や水稲の育苗など、その用途はさまざまで、地域の気候や作物の種類などによって、材質、組み立て方など種類も豊富です。 さらに、大きさもさまざまですが、人が入って農作業ができるほどの大きさのものを「ビニールハウス」、農作物の霜よけなどに用いる小さなものは「ビニールトンネル」と呼ばれることもあります。 今回は、「ビニールハウスの種類」についてご説明します。
ブログ

栽培方法、最新テクノロジー、村八分まで。農業のアレコレを学べるウェブメディアまとめ

近年では農業のIT化の機運も相まり、インターネット上で農業情報を紹介するウェブメディアが増加してきている。 ゼロアグリ編集部から、バラエティ性ある農業に関する「情報源」であるウェブメディアを紹介する
導入事例

【新規就農体験談】高糖度トマトが地域で人気に。栽培当初よりゼロアグリを活用したその理由とは?

山口県周南市で大玉トマト、中玉トマトを栽培する「ふき農園」さん。蕗さんは2016年に新規就農にて、当時地域で誰もやっていなかったトマトのハウス栽培を0から始められました。就農当初からゼロアグリをご活用いただいており、今では蕗さんのトマト目当てに、直売所で指名買いがあるほどに。その当時の苦労から、現在の取組みまでをインタビューしました
ブログ

【レポート】ゼロアグリユーザー会を実施!

7月と8月に、ゼロアグリのユーザー会を実施いたしました!特にユーザー様の多い福島県、熊本県、そして今回初開催で栃木県という計3か所で 実施をいたしました(10月には広島県でも実施予定!)。 ユーザー会の様子を紹介します
ブログ

【セミナーレポート】N1-SUMMIT分科会 三扇商事様インタビュー

【セミナーレポート】N1-SUMMIT分科会 三扇商事様インタビュー
タイトルとURLをコピーしました