ハウス栽培

ブログ

【農業用ハウス】ビニルハウス・栽培施設の仕様策定のポイント~①基本&準備編~

ハウスや、それに付随する環境制御や潅水装置などの施設を新規導入する際には、仕様について多くのことを決める必要があります。補助事業を使用することも多く大きな投資となるハウスの新設。企画や設計を誤ると完成後に軌道修正することは難しくなります。今回は、失敗を極力抑え費用対効果も得られるよう、新規導入の際のポイントを3記事に分けて整理しました。まずは①基本編として、まず基本となる考え方と手順をお示します。
ブログ

ハウス栽培における自動潅水装置(自動潅水システム)の種類と選び方

作物の成長にあたって重要な潅水ですが、収穫時期などの忙しいタイミングでは、ついついおざなりになってしまうことも多いかと思います。もしくは、収量や品質の確保のために、かなり時間と労力をかけている方のお話もよく聞きます。 そんなときに活用できる、自動潅水装置。一言に自動潅水装置といっても、安価なものから高精度なものまで、様々なタイプがあります。自分の栽培手法や経営方針に合わせ、適切な装置を選びたいですね。今回は、そんな自動潅水装置についてまとめました。
ブログ

【ハウス栽培】潅水システムの種類。散水潅水、噴霧潅水、点滴潅水と必要器材について

農作物を育てるにあたって、潅水は欠かせません。特にハウス栽培では、露地栽培と違って雨が直接土壌に降り注ぐこともありません。その分、作物に合わせて、水の量や給水のタイミングなど管理しやすいとも言えますが、同時に立地や作物に合わせて適切な潅水方法を選ぶ必要があります。 今回はハウス栽培での潅水の中でも、散水潅水、噴霧潅水についてご説明します。
ブログ

ハウス栽培における省力化・自動化ツールまとめ

高齢化、人手不足が深刻になってきている農業において、効率的に栽培をしていくためには、ITツールや自動化装置の活用が必須になってきています。比較的野菜の単価が高く収益化しやすいハウス栽培において、活用できる省力化ツールについてまとめました。
ブログ

どう選ぶ?妥協できないビニルハウス(農業用ハウス)の種類と選び方

ビニールハウスとは、金属や合成樹脂製の骨組みを透明なフィルムなどで覆った簡易的な温室です。 野菜や花の促成栽培、野菜や水稲の育苗など、その用途はさまざまで、地域の気候や作物の種類などによって、材質、組み立て方など種類も豊富です。 さらに、大きさもさまざまですが、人が入って農作業ができるほどの大きさのものを「ビニールハウス」、農作物の霜よけなどに用いる小さなものは「ビニールトンネル」と呼ばれることもあります。 今回は、「ビニールハウスの種類」についてご説明します。
タイトルとURLをコピーしました