点滴潅水

ブログ

養液土耕栽培の始め方

養液土耕栽培を始める際には、様々な要素について検討する必要があります。本記事は、既に公開している記事のまとめとなりますが、そうした要素について改めてご紹介いたします。養液土耕栽培の導入の際のチェックリストとしてもご覧いただければと思います。
ブログ

養液土耕栽培の施肥設計|施肥の考え方

養液土耕栽培では、点滴潅水と同時に液肥施肥を行うことで施肥の無駄をなくし、また土壌中の肥料濃度の変化も少なく、作物への肥料ストレスや水分ストレスの低減が可能となりました。
ブログ

潅水チューブの選び方|構造と特徴、種類について

潅水チューブには様々な種類と用途があり、露地での潅水など点滴チューブに比べ適用範囲にも広いものがあります。本記事では潅水チューブの構造や種類と特徴などについて、ご紹介いたします。
ブログ

養液栽培とは?種類と潅水施肥方法/メリット・デメリットも解説

本記事では養液栽培の特徴について多面的に紹介するとともに、養液栽培と同様に導入が増えている養液土耕栽培の特徴も対比して紹介します。養液栽培による施設設置実面積は平成30年の農林水産省の調査では約1,927haで、園芸用施設全体(42,164ha)の約4.6%です。これは平成21年の1,741ha(全体(49,049ha)の3.5%)に対し約10.6%の増加となります。園芸用施設面積全体が毎年1%程度の減少傾向にあるなかで、養液栽培の面積は常に増加傾向となっています。
ブログ

作物のストレスを低減!点滴チューブによる潅水のメリットについて

ハウスなど施設内で作物を栽培する際には、潅水チューブを使って潅水するのが一般的です。中でも点滴潅水は無駄なく、ムラなく潅水できるということもあって、省力化と収量アップに期待が寄せられます。そんな点滴潅水の魅力についてご紹介します。
ブログ

【ハウス栽培】潅水システムの種類と選び方。散水潅水、噴霧潅水、点滴潅水と必要器材をご紹介

農作物を育てるにあたって、潅水は欠かせません。特にハウス栽培では、露地栽培と違って雨が直接土壌に降り注ぐこともありません。その分、作物に合わせて、水の量や給水のタイミングなど管理しやすいとも言えますが、同時に立地や作物に合わせて適切な潅水方法を選ぶ必要があります。 今回はハウス栽培での潅水の中でも、散水潅水、噴霧潅水についてご説明します。
タイトルとURLをコピーしました