ゼロアグリ

インタビュー動画:熊本県八代 山本様

導入事例

インタビュー動画 熊本県八代 山本様 インタビュー動画:熊本県八代 山本様
異なる作物を隣接ハウスで栽培次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」を導入した、熊本県八代の生産者の方のインタビ­ュー動画。生産物は大玉トマト。課題は、土壌の状態がよくわからず、かん水施肥を行っ­ていたことでした。
果物野菜[トマト]熊本県八代
作業の省力化と品質の安定 作業の省力化と品質の安定
親子3人と期間雇用1名、経営面積15haで水稲、小麦、玉ねぎ、花卉、トマトを栽培していました。特に繁忙期には、施設25aのトマト栽培への時間がなかなか避けない為、トマト栽培に対する省力化が必要でした。そこで、手頃な価格帯の養液土耕栽培の導入を検討していました。
果物野菜[トマト]群馬県
名人の栽培技術を孫に伝承 名人の栽培技術を孫に伝承
きゅうり名人と地域で名高い農家の方。ご自身が培ってきた栽培技術とそのノウハウ(経験と勘)を、孫に伝えるため、栽培の過程における土壌状態の変化や灌水・施肥などを記録し、そのノウハウを可視化したいと思っていました。しかし、日々の作業に追われ、そのような記録を手作業で、かつ継続的に行うことは非常に困難でした。
果物野菜[きゅうり]岩手県
水稲の育苗ハウスの遊休期間活用 水稲の育苗ハウスの遊休期間活用
水稲の育苗ハウスが年間10ケ月程度使われておらず、この遊休期間を利用し、何かを栽培して収益向上を図りたいと思っていました。養液土耕栽培は、システムコストも安価で、導入の敷居は低いですが、培養液供給を決めるタイマー設定を頻繁に行う事は、不慣れで大変煩わしく感じられ、なかなか踏み出せずにいました。
果物野菜[ミニトマト]福島県
異なる作物を隣接ハウスで栽培 異なる作物を隣接ハウスで栽培
レタス栽培にチャレンジ 土耕栽培にて、ミニトマトを育てていました。ミニトマト栽培は、水をきりながら糖度をあげていました。銀座レストランにも販売ルートが確立でき、今後この商流を活用して収益をあげたいと思っていました。
葉物野菜[レタス]岩手県
節水栽培技術の研究と実証 節水栽培技術の研究と実証
世界人口増加に対する食糧増産のため、使用される灌漑水の枯渇問題は、世界的に大きな問題となっています。発展途上国での農業用水建設には、非常に多額な資金が必要であり、また、地下水くみ上げによる地盤沈下の問題もあります。
今後、灌漑水を少量で栽培する研究は、エコロジーの観点からも非常に重要です。
果物野菜[ピーマン, ナス, ゴーヤ]沖縄県